オルフェーヴル0825
1: 2019/09/20(金) 22:47:42.13 ID:nOlNG7aI0
【神戸新聞杯】サートゥルナーリアよ、来年に夢をつなぐために“距離の壁説”打ち破れ!
9/20(金) 21:35配信

ダービー前から「やっぱりロードカナロアの子なんだよね。胴が詰まっている」と滝川助手が言っていた通り、シンプルに“距離”の問題があったのでは?
 半兄エピファネイアは神戸新聞杯快勝から、菊花賞で大輪を咲かせたが、戦前には天皇賞・秋参戦プランもあったことをご記憶している方もいるだろう。

「エピファネイアの場合は折り合い面を考慮しての話であって、伸びのある馬体をしていましたから
ね。サートゥルナーリアはコントロールの利く気性をしていますけど、一方で距離をこなすのが難しい体をしている」(辻野助手)

 陣営が次走を明言していないのも3000メートルの距離に疑問を抱いているからで、
この後は天皇賞・秋に向かう公算大――と個人的には思っている。

引用元  http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1568987262/
2: 2019/09/20(金) 23:04:48.08 ID:3DrAv4hb0
使い分けも大変だな

3: 2019/09/20(金) 23:26:30.29 ID:Kyb/AXQ/0
ヴェロックスに競り負けそう

4: 2019/09/20(金) 23:28:28.90 ID:TAe+vGet0
まさかの予防線

5: 2019/09/20(金) 23:30:03.49 ID:Avaw4hB70
そう言われても、特に胴が詰まってるようには見えないんだけどね

6: 2019/09/20(金) 23:30:40.95 ID:CKTyhVgz0
今のキャロットが既にタイトル持っている馬を
1か月ちょいの短い間隔でレース使うわけないだろ 

神戸の次はJCだ

7: 2019/09/20(金) 23:32:20.18 ID:THpOkA740
ダービーは滅茶苦茶だった割にはそこそこだったし今回走らんと判断できないよな

8: 2019/09/20(金) 23:41:33.86 ID:TYDJlsdK0
サトゥールナリーアはやっぱりアカンのか…

9: 2019/09/20(金) 23:42:47.38 ID:ENPAeCRV0
この手の馬はキャリア積んでいくと距離の融通が利かなくなって守備範囲が狭まってくるんだが追い切り見る限りそういう雰囲気は出てきた
走りがマイラー色が強まってるよ

10: 2019/09/20(金) 23:43:46.65 ID:HXJkHw0F0
瞬発力に優れているのは紛れもない事実
ただそれを2200以上のレースでは使っちゃいけないというだけの話で

11: 2019/09/20(金) 23:44:43.21 ID:dtEzQqAa0
>>5
明らかに胴短いだろ
節穴なのか

12: 2019/09/20(金) 23:46:10.31 ID:YUIU0ldS0
ビューティージャネーションに唯一勝てるのはこの馬だと思う
ノーザンもいい加減凱旋門幻想捨てろよ
マイルや2000路線だってそこで結果出せば種牡馬価値高くなるのはモーリスが証明してるし

13: 2019/09/20(金) 23:47:45.28 ID:11om5mTR0
>>12
ノーザン様の馬が高値で売れないのでノーザン様の中ではモーリスはだぞ

14: 2019/09/20(金) 23:49:15.46 ID:v3dzWi6i0
体型はマイラーでも能力がこの世代のクラシックトップレベルだから、クラシックの間は距離は大丈夫
古馬戦線では2000m以下を使わんと勝てないと思うわ
ダービーを見て距離に不安を抱いたやつは直線しか見てないか、直線が全てだと思ってるやつ
まず目先の神戸新聞杯は何も心配いらない。問題は本当に気性だけ