【速報】オジュウチョウサン平地挑戦 オーナーが明かす真意

カテゴリ:未分類 コメント:(0)
ope18070115550005-p1
1: 2018/07/04(水) 11:56:30.73 ID:Tw/U559ja

<オジュウの挑戦(1)>

 2年連続最優秀障害馬のオジュウチョウサン(牡7、和田正)が7日福島の開成山特別(500万、芝2600メートル)に出走する。平地競走参戦は約4年8カ月ぶり。
J・G1・5連勝を含む重賞9連勝、障害最多獲得賞金など数々の記録を作った最強馬がなぜ平地転向に踏み切ったのか。
連載「オジュウの挑戦」で4回にわたって取り上げる。第1回は、長山尚義オーナー(73)に真意を聞いた。

 -単刀直入に聞きたい。平地挑戦の真意とは?

 オーナー 中山グランドジャンプのあのレコード・・・、3秒以上も更新したレコードを見て、「もしかしたら平地でもすごい馬、歴史的な名馬なのかもしれない」、そう思いました。
もし走らせずにオジュウの可能性を終わらせてしまったとしたら申し訳ないと思ったんです。それが平地挑戦の理由です。

 -夏の福島で開成山特別を選んだ理由、そして、武豊騎手起用の理由とは?

 オーナー これだけ障害で結果を出した馬、ファンの多い馬を平地に挑戦させるんですから、目標はG1しかありません。
最初は「宝塚記念に出られないかな」と思って調べてみたんだけど、未勝利馬は出られなかった。まずは1勝しなくては。目標も有馬記念になりました。

 障害では石神騎手が付きっきりで育ててくれた。
ただ、今回はオジュウが平地で本当に日本一になれるのか、世界で戦えるような馬なのか、それを武豊騎手に教えてもらいたいんです。

 -個人ではなく、一口クラブではオルフェーヴル、ジェンティルドンナなど数々の名馬に出資してきた

 オーナー そういう馬たちと同じで、オジュウには「もしかしたら」という可能性を感じるんです。
オルフェーヴルの凱旋門賞は2回とも現地で観戦しました。
悔しかったですよ。
武豊騎手には「来年のドバイや凱旋門賞に行きたい」と伝えました。
当初は7日以外にも平場の500万条件で候補があって、打診したんですが、彼からは「特別競走にしましょう。オーナー、世界を目指すんですから」と力強い返事をいただいたんです。

 -武豊騎手と縁がある

 オーナー 個人馬主で初めて勝利を挙げたとき、一緒に口取り写真を撮ったのが彼でした。
ウイナーズサークルで「また乗せてください」って言ってくれた言葉を今でもよく覚えています。彼が乗ってくれるのはうれしい。

 -障害馬として初めてヒーロー列伝ポスターになり、グランプリのファン投票でも多くの票を集める。
多くのファンも期待している。競馬場ではオジュウグッズを持つ人がたくさん。
JRA賞の表彰式でオーナーが語った「競馬界のアイドル」になろうとしている

 オーナー あの勝負服は馬主資格を取ったときにデザイナーに頼んだもの。
こだわりがありますし、ファンの人が持っているのを見るとうれしい。業者の方には多くのファンに手にしてもらえるように、なるべく安く作ってください、とお願いしました。
オジュウがどれだけの走りをしてくれるのか私も期待しています。競馬は夢とロマンを持つことが大事だと思いますからね。
【取材=木南友輔】
VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured

2: 2018/07/04(水) 11:57:07.01 ID:Tw/U559ja
 ◆長山尚義(ながやま・なおよし)1945年(昭20)5月25日、東京都生まれ。事務機器の販売やオフィスの総合管理を手掛ける株式会社エース事務機で代表取締役会長を務める。個人馬主資格取得は85年。家族は妻と2男1女。

これまでに個人所有馬(チョウサン、ケイアイチョウサンなど)で34勝、クラブ出資馬(サッカーボーイ、バブルガムフェロー、ダンスインザダーク、ステイゴールド、レーヴディソール、オルフェーヴル、ソウルスターリング、パフォーマプロミスなど)で275勝を挙げている。「オジュウ」の由来は「次男が自分のことを俺と言えず、オジュウと呼んでいた」ことから。

3: 2018/07/04(水) 11:58:13.15
武しゃんカッコイイ

4: 2018/07/04(水) 11:59:37.14 ID:+bxhOkyy0
海外の障害の大レース出りゃいいだろう

>>4
グランドナショナルとか日本馬じゃ無理だろ

>>23
フジノオー

5: 2018/07/04(水) 12:00:01.42 ID:Tw/U559ja
 7日福島の開成山特別(500万、芝2600メートル)に障害界のスーパースター、オジュウチョウサン(牡7、和田正)が、武豊騎手を鞍上に出走を予定しています。

 障害の人気が高い欧州では平地と障害を行き来する馬は少なくなく、「二刀流」はさほど珍しいことではありません。
しかし、その多くは平地競走に軸足を置いた馬が、平地のオフシーズンに障害を跳ぶパターン。
障害のスペシャリストが平地のビッグレースに出る例はあまりないようです。

 海外では障害は、比較的、飛越難易度の低い「ハードル」と、日本でも有名なグランドナショナルのような高難度の「ステープルチェイス」の2つに大別されています。
障害馬には通常は3200メートルで行われる専用の平地競走も用意されていて、それは「ナショナルハントフラット」という呼び名で区別されて独自のグレードもつけられています。

 平地を走っていた馬が障害を使われる主たる目的は体力強化や気分転換で、日本に輸入されて菊花賞馬スーパークリークの父になったノーアテンションはオフに障害を跳ぶことでスタミナを増し、平地に戻って重賞の常連に成長しました。

 最近ではアイルランドを本拠にしたハートブレークシティー(せん8、父ランド)が平地の途中に障害に挑んで酷量の74キロを背負って優勝。
日本でも馬券発売された16年のオーストラリアG1メルボルンC(芝3200メートル)で、2着に食い込んで穴をあけました。

 障害馬としてキャリアをスタートさせたウィックローブレーヴ(せん9、父ビートホロー)は欧州障害で7勝を積み上げたのちに平地に活躍の場を移し、一昨年の愛セントレジャー(G1、3歳以上、芝2800メートル)に優勝。長距離王オーダーオブセントジョージを破る大金星を飾りました。

 オジュウチョウサンは、これが約4年8カ月ぶりの平地挑戦ですが、前走の中山グランドジャンプで見せた脚色は出色。
日本競馬から本格的な「二刀流」が登場するかもしれません。
【奥野庸介】(ニッカンスポーツ・コム/極ウマコラム「ワールドホースレーシング」)

6: 2018/07/04(水) 12:00:10.70 ID:UBnBYxiza
俺と言えずオジュウ...?

7: 2018/07/04(水) 12:00:15.95 ID:RRXVyrFY0
オーナーが変な夢見てしまったってことか

8: 2018/07/04(水) 12:01:15.18 ID:Tw/U559ja
障害界王者オジュウチョウサン、平地戦へ順調 和田郎師も手応え

 「開成山特別」(7日、福島)

 13年11月の未勝利戦(8着)以来、4年8カ月ぶりに平地戦を走る障害界の王者オジュウチョウサン。火曜朝も順調に調整を行った。

 「障害練習をしないだけで、いつもと同じパターン。馬も動いているので競馬が近いことも分かっているのでは。可能性は十分あると思う」と和田郎師は手応えをにじませる。4日に最終追い切りを行う予定。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00000011-dal-horse

9: 2018/07/04(水) 12:03:16.22 ID:Tw/U559ja
 ジャンプ界の絶対王者オジュウチョウサン(牡7=和田正)が土曜福島9Rの開成山特別(芝2600メートル)で約4年8カ月ぶりの平地戦に出走する。
勝って平地重賞&G1挑戦をもくろむ一戦は武豊とのコンビ結成もあって注目度抜群。
陣営は快進撃を続けた障害戦と同じ雰囲気で臨ませることで“王者の走り”を期待している。

 織り姫と彦星が会う7月7日。オジュウチョウサンが短冊に願い事を書くとしたら「平地G1制覇」だろう。
フルゲート16頭の開成山特別には14頭が登録。
平地未勝利のオジュウはフルゲート超えなら除外の可能性もあっただけに、和田正師は「ひとまず良かった」と安どの表情を浮かべた。

 障害ではG1・5勝を含む9連勝中。向かうところ敵なしの王者は「“みんなのアイドル”になるしかない」との長山オーナーの意向もあって異例の平地挑戦に踏み切った。障害→平地。
競馬としては別物ともいえるが、陣営は“普段通り”を心掛けている。「障害練習をやらないだけで、調教の基本的な流れはこれまでと同じ。その中で強弱をつけてやっている。競馬が近いことはだいぶ分かっているのでは」と師。
2600メートル戦を選んだことも「障害では最近も3110メートルのレースを走っているし、今まで走ってきた距離と近い距離で戸惑いが少ないように」と説明する。

 平地を走ったデビュー2戦は和田正厩舎への転厩以前。
“平地適性”は未知だが血統的な魅力は大きい。
オジュウの全兄ケイアイチョウサンは13年ラジオNIKKEI賞を勝ち、今年の目黒記念で8着だった全弟コウキチョウサンは福島芝2600メートルで500万を快勝している。
コウキも管理する師は「対応はできると思う」と手応えをにじませる。

 鞍上・武豊も心強い。テン乗りとなるが、師は「(主戦の)石神騎手が豊さんに話してくれているみたい。いろいろなパターンがあると思うので想定されることは伝えるが、出た感じの流れで進めてもらうことになると思う」と名手の手腕に信頼を寄せる。
100周年を迎えた記念すべき福島の夏。“七夕伝説”が生まれる予感は十分にある。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00000007-spnannex-horse

10: 2018/07/04(水) 12:03:34.27 ID:KKzCWQa2a
ケイアイチョウサンってケイアイ冠名じゃなくてチョウサン冠名だったのか

11: 2018/07/04(水) 12:05:23.10
長山でチョウサンは分かるけど
ケイアイってなんだ?

>>11
家族のイニシャルらしい

12: 2018/07/04(水) 12:05:50.87 ID:Tw/U559ja
騎手、調教師で平地&障害重賞制覇の田中剛調教師が、オジュウチョウサンの平地戦挑戦に「今回は2600メートル戦。対応はしやすい」


 障害界の絶対王者オジュウチョウサン(牡7歳)が、500万の開成山特別(7日、福島・芝2600メートル)で4年8か月ぶりに平地戦に出走する。
障害重賞9連勝中、JG1出走機会5連勝中の16、17年JRA賞最優秀障害馬の異例の挑戦について、田中剛調教師が語った。

 G1・3勝の名馬ロゴタイプに、中山大障害、中山グランドジャンプのJG1を制したマジェスティバイオを育てた田中剛調教師(57)=美浦=は、騎手時代に“二刀流”で活躍した。
98年中山大障害・春(ノーザンレインボー)など数々のジャンプ重賞を制した一方、95年には東京新聞杯(ゴールデンアイ)をV。平地と障害の違いを肌で知るトレーナーは「興味深い挑戦。我々にとっても、今後の参考となってくるでしょうね」と熱視線を送っている。

 「障害に転向する馬は走るフォームがしっかりしていないケースが多いんです。ただ障害を走ることで、背中を使って四輪駆動になってくる。体をうまく使えるようになりますよね」。
肉体的な変化に加え、「集中力が増す」と精神的な成長にも影響を与える障害レース。
当然ながら、オジュウチョウサンも平地を使っていた当時とは“別物”のサラブレッドとなっていることだろう。

 「上がりの速い勝負でのギアチェンジとなると難しい面はあるでしょうが、今回は2600メートル戦。対応はしやすいと思います」。決め手を問われない舞台設定なら、歴史的な挑戦が成功を収めてもなんら不思議はない。(豊島 俊介)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180702-00000212-sph-horse

13: 2018/07/04(水) 12:07:40.13 ID:Tw/U559ja
オジュウチョウサンの4年8か月ぶり平地戦出走に、林騎手「血統的には通用する」


障害重賞9連勝中、JG1出走機会5連勝中の16、17年JRA賞最優秀障害馬の異例の挑戦について、林満明騎手が語った。

 オジュウチョウサンの好敵手、アップトゥデイトの主戦を務めていた林は平地参戦に複雑な表情を見せた。
「走ってほしくないなあ(笑い)。アップトゥデイトとの対決を見たいから」。自身は先月の東京ジャンプSでラスト騎乗となったが、15年中山大障害(アップ1着、オジュウ6着)の初対戦からジャンプレースを盛り上げてきた2頭の再戦を望んだ。

 しかし、前走の中山グランドジャンプ(芝4250メートル)のレースぶりを冷静に分析。
「あれだけ走って、最後の3ハロンを36秒台で上がるからね。500万だからなあ。血統的には(平地の芝で)通用する」と、優秀な内容にハードラーの枠を超える可能性を示唆した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180702-00000210-sph-horse

16: 2018/07/04(水) 12:09:37.76 ID:Tw/U559ja
【開成山特別 和田正調教師インタビュー】障害界の絶対王者オジュウチョウサン、4年8か月ぶり平地戦!目標の有馬記念へ「期待はあります」


 ―障害界の絶対王者が、4年8か月ぶりに平地競走に挑む経緯を教えてください。

 「オーナーが前走の中山グランドジャンプのレースぶりを見て、平地でもやれる可能性があるのならやってみたい、というお考えをお持ちになられたからです。馬としての身体能力が高いのは確か。どれくらいのパフォーマンスができるのか、期待はありますよね」

 ―先には平地の重賞、G1への挑戦を見据えて、手応えはありますか?

 「ここまで障害馬として育ってきましたからね。例えばプロの野球選手がバスケットボールをやって、すごいスターになれるかといったら、そうはいかない。
いくら身体能力があっても、歩んできた過程があってのものですから。そこは走ってみないと分からないし、未知の領域で想像もつきません」

 ―初コンビとなる武豊騎手に依頼した狙いは?

 「オーナーのお考えで、第一人者ですし、大きいところを目指すなら、そのまま乗っていただきたいというのがあります。
うまく乗っていただけると思うし、(平地で)どれくらい通用するかのジャッジもしてもらえる。大きいところで通用しないようでは、平地を使う意義はないですから」

 ―今後はG1や海外も視野に入ってきそうですが、当面の目標は?

 「年内で言ったら、有馬記念とかになるのかもしれません。また必ずしも長距離とは限らないと思う。
体形を見ると、ムキムキしていますし、筋肉質なタイプ。長距離と決めつけないで、中距離を使う可能性だって出てくるかもしれない。平地の短距離馬が、障害で長距離をこなす例もありますから。オーナーの夢としては(有馬記念の)その先があるようですが、具体的なことはこのレースを走ってみてからですね」(聞き手・坂本 達洋)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180702-00000205-sph-horse

17: 2018/07/04(水) 12:12:10.16 ID:Tw/U559ja
 数々のスターホースの手綱を執ってきた第一人者の武豊でも、障害のスーパーホースのオファーは記憶にない。
オジュウチョウサンと天才のタッグに注目が集まる。

 武豊「調教師から『乗ってもらえませんか』と依頼があって。面白い挑戦だよね」

 かつて、メジロパーマーは札幌記念を勝った91年に障害へ転向。未勝利を勝ち、障害400万(当時)で2着と好成績も、再び平地へ戻って92年の宝塚記念、有馬記念を制した。
武豊が88年菊花賞でG1初勝利を飾ったスーパークリークの父、ノーアテンションも独G1オイロパ賞2着など平地で活躍するだけでなく、仏国で障害8戦2勝の成績を残した。

 「メジロパーマーは障害でそこまで強くなかった。
(オジュウは)JRA賞を取っている馬だからね。もし、勝つようならリアル二刀流」

 前走の中山グランドジャンプの上がり3ハロン36秒9は障害2つがあってのもの。その末脚は平地でも魅力だ。

 「(主戦の)石神に聞いたら『分かりませんね』と言っていた。平地の重賞だったらどうかと思うけど、福島の500万なら。盛り上がるやろね。楽しみや」

 みちのくで新たな歴史を刻むか。(橋本 樹理)


 ◆平地重賞への出走条件 
古馬重賞では規定により平地収得賞金0円の未出走馬及び未勝利馬は出走できないため、オジュウチョウサンは平地で勝利して収得賞金を獲得する必要がある。
重賞では優先出走権を持つ馬以外は、出走馬決定賞金順で決められていくため、500万特別を勝っても賞金が少ないオジュウチョウサンの出走はフルゲート割れの場合に限られる。
ただ、有馬記念は第1回特別登録をした馬のうち、ファン投票上位10頭に優先出走権が与えられるため、出走の可能性が膨らむ。

 ◆平地・障害双方重賞制覇 
平地と障害の両方で重賞を制覇した馬は過去11頭いる。平地の小倉3歳Sと府中3歳S(ともに96年)を制したゴッドスピードは、99年の中山大障害を制した。
最近では14年のマーチSを勝ったソロルが、17年の小倉サマージャンプを制覇。いずれも平地重賞を制した後に障害でも重賞を勝ったパターンで、障害重賞制覇後に平地に転向して重賞を勝った例はない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180702-00000200-sph-horse

18: 2018/07/04(水) 12:16:29.62 ID:Tw/U559ja
オジュウ、平地参戦はアイドルの使命 長山オーナーの胸の内


 ――改めて、4月の中山グランドJは圧巻の勝利だった。

 「アップトゥデイト(2着)の林騎手が4コーナーで後ろを見ていた。もう前を見ても仕方ないと思ったのだろう。
それを見て勝ちを確信。石神騎手も相手はアップだと思っていたと思うが、余裕だった」

 ――史上最強の障害馬となったタイミングでの、平地参戦表明となった。

 「障害ではもう並ぶ者がいない存在。もちろん、このまま障害を使えばもっと勝てると思う。
でも、昨年の有馬記念ファン投票でオジュウに入れてくれた人(1278票、77位)がいたことが心に残っていた。
今回のグランドJ圧勝を見て、このままオジュウを障害馬として終わらせるのは自分のエゴだと感じた」

 ――宝塚記念ファン投票でも4268票で43位(宝塚出走メンバーの中では9番目)に入った。平地で見たいという声はさらに高まっている。

 「競馬は突き詰めれば夢とロマンだと思う。だからこそ、オジュウにどのくらいの実力があるか一流馬にぶつけてみたい。
それには有馬や宝塚が一番だが、ファン投票で上位に入っても平地未勝利では出られないことが分かった。それで今回のプランになった」

 ――平地で勝たなければならない状況で、鞍上には武豊を迎えた。

 「7歳のオジュウにとって今年がラストチャンスだと思う。後悔したくないので日本一のジョッキーに依頼した。
彼は私が初めて個人名義で所有した馬(ヤングエース)に初勝利をプレゼントしてくれたジョッキーでもある。これまで節目節目で彼と縁があった。今回はオジュウの節目」

 ――ズバリ、勝算は。

 「確かに障害とではペースなどが違うだろうが、全兄ケイアイチョウサンはラジオNIKKEI賞を勝利。
全弟コウキチョウサンは今春、芝の1000万を勝ち、目黒記念でも(優勝馬から)0秒5差の8着に健闘。血統的にはやれると思う。
オジュウが平地で未勝利なのは、気性面やタイミングの問題。
チークピーシーズの効果で気性面の課題は解消したし、以前よりトモ(後肢)もしっかりした。
何より4000メートルを、障害を跳びながらレコードで走り、最後の直線もまた伸びる馬。そんな馬はそうそういない。スタミナが凄いしスピードもある」

 

19: 2018/07/04(水) 12:16:40.81 ID:Tw/U559ja
――勝てば年末の有馬記念の可能性が見えてくる。

 「まずは結果を出さないと大きなことは言えない。武君に乗ってもらった感触で今後について考えようと思っている。
スタミナが豊富なことを考えればステイヤーズSとかも思い浮かぶし、勝利の先には有馬や、さらに海外、ドバイや凱旋門賞があるかもというファンの期待もあるだろう。私もロマンを抱いている」

 ――中山グランドJ当日に発売されたオジュウの縫いぐるみは、午前中には完売。他のグッズも大人気で、ブームと言っていいのでは。

 「中山競馬場のターフィーショップの外のバス停の所まで、20メートルも行列ができたそう。たくさんの方に愛されていると感じた。私は一口馬主から始めて、最初に持ったのがサッカーボーイ。理由はディクタスが好きだったから。
同じく一口馬のステイゴールドもディクタスが入っている。ステイに、これも同じ一口馬だったパーフェクトジョイの妹であるシャドウシルエットをかけて生まれたのがオジュウの血統」

 ――ファンの夢であり、自身の好きな血統を突き詰めた結晶でもある。

 「昨年の中山大障害で単勝1・1倍に支持された。その先を考えたら“みんなのアイドル”になるしかないと思う。もう私だけのオジュウチョウサンではない。アイドルとして期待に応えたい。これが平地参戦の一番の理由です」

 ◆ディクタス フランスの競走馬で71年にG1ジャックルマロワ賞を制した。引退後は種牡馬になり、80年に日本に輸出され84年JRA賞最優秀3歳牡馬のスクラムダイナや、G1・2勝を挙げ88年JRA賞最優秀スプリンターに選出されたサッカーボーイなどを出した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180626-00000013-spnannex-horse

20: 2018/07/04(水) 12:19:06.43 ID:Tw/U559ja
オジュウチョウサンの平地参戦について、

熊沢騎手のコメント
「故障のリスクが心配だね」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180615-00000057-tospoweb-horse

21: 2018/07/04(水) 12:20:27.91 ID:Tw/U559ja
オジュウチョウサン特設ワゴンでグッズ限定発売

障害王オジュウチョウサン(牡7、和田正)が平地競走に出走する7日の福島競馬場では、「オジュウチョウサン特設ワゴン」(3階3番柱付近)が設置され、マフラータオル(長山オーナー提供の付録付き)、ぬいぐるみなどのグッズが限定発売される(通販サイト「おくの部屋」でも販売予定)。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180703-00257142-nksports-horse

22: 2018/07/04(水) 12:24:08.98 ID:Tw/U559ja
 ――本題の前に…。ご自身は6月16日の東京競馬場で落馬。お体の具合は

 石神:大丈夫…ではないですね(笑い)。意識はありましたが、肋骨が4本折れました。まだ、クシャミすると痛いです。でもオジュウとは3年間、調教から競馬までずっと一緒にやってきたので、1週前の追い切りはスタンドに見に行きましたよ。

 ――愛馬の走りを外から見てどうでしたか

 石神:他の500万の馬とも遜色なく、いい仕上がりだったと思います。(7日に)放牧から帰って来て1、2週間くらい乗ったときも順調でした。
ただ、(写真撮影のときに)手をかまれました(笑い)。
競馬とオフの切り替えがハッキリした馬で、こうやって休んでいるときにちょっかいを出すと「邪魔するな!」って感じになるんですよ。

 ――ズバリ、平地で勝てる可能性は

 石神:ありますね。デビューから2戦は平地を走っていますが、あのころとは全然違う馬。
オジュウの一番の能力はスタミナです。障害の平均ラップは13秒4くらいで、平地の長距離は12秒台。
1秒も速い12秒5を切れるか?は未知ですが、追い切りの動きを見た感じは500万なら十分に通用しますし、スピードも他の馬と遜色ない。前走のグランドジャンプでは、最後の障害を2つ飛んだ後のしまいの伸びは化け物でしたね。

 ――武豊さんと情報の引き継ぎなどは

 石神:先日、競馬場の調整ルームで「どんな感じ?」って聞かれたので「500万なら勝てる力はあると思います」って答えました。実際、福島に行ってゲートのクセを話したり、どれくらいの平地のレベルかを教えてもらいますが…。
まあ、平地に関してはユタカさんの方が技術も経験もすべて上。
どういう馬が一流なのか?も知り尽くしていますから、お任せします。障害では負けないですけど(笑い)。

 ――再びオジュウとコンビを組む日が来るといいですね

 石神:乗れなくなるって聞いたときはショックでしたが、今は現実を受け入れて納得しています。
今後もオジュウの調教を任せてもらっていますし…これはボクの勝手な気持ちですが、やっぱり障害レースに戻ってきてほしい。暮れはオジュウと一緒に大きなタイトルを取って一年を締めくくりたい気持ちはあります。

 ――有馬記念でコンビ復活する「夢」も見てみたいが…

 石神:や~、有馬記念なんて…。中山大障害よりも緊張すると思います(笑い)。そうなれば光栄ですけど。

 ――新たな挑戦へ向かうオジュウに声をかけてあげてください!

 石神:オジュウ、今回はオレじゃなくて一流ジョッキーが乗ってくれる。一流のユタカさんの言うことをちゃんと聞けよ。オレは当日もちゃんと見に行くから、安心して。絶対に無事に帰って来いよ。これで終わっちゃうのはオレは嫌だから。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180703-00000004-tospoweb-horse

24: 2018/07/04(水) 12:27:05.52 ID:Tw/U559ja
no title

26: 2018/07/04(水) 12:30:13.67 ID:rDM+oJSWM
なんかアラブのサラ挑戦と被るね
障害勝ちのみの馬が平地勝つのって過去におるのかね

27: 2018/07/04(水) 12:30:42.27 ID:aOxSIho5r
7歳か。

もっと早く気付けよ。。

この記事へのコメント