【新種牡馬の正体】ジャスタウェイ 距離の融通性証明済みでリーディングの大本命

カテゴリ:未分類 コメント:(0)
138788368414795137225_DSC_0936
1: 2018/07/26(木) 07:39:09.99 ID:mejhxxJM0
 育成の段階で“セレクトセールまでにはいける”と聞いていました。
父のハーツクライより重心の低い走りで仕上がりが早い。見た目には幼く、頼りない感じですが、芯がしっかりしているんでしょうね。
残り600、400メートルの地点でしっかり脚が残っているからでしょう。
産駒はおとなしくて扱いやすい。輸送やパドックで消耗しないから、レースで能力を発揮できるんです。
父はサンデーサイレンス系には違いありませんが、代が落ちて遠ざかっている分、気性も穏やかになってますからね。
産駒も祖父のハーツクライより父ジャスタウェイに似ています 
 社台スタリオンステーションの徳武英介氏。 

母系に流れる“米血”の影響を強く受けた父自身は2歳時から活躍。
ハーツクライの直子としては異色の存在で、様々な距離で産駒が勝ち上がっていることも、サイアーとしての大きな可能性を感じさせる。
 ジャスタウェイは2014年にロンジンワールドベストレースホースランキングで130ポンドを獲得。堂々の世界1位に輝いた。
現在、サンデー系の種牡馬は繁殖牝馬の獲得が難しい状況にあるが、それでも今年はすでに140頭以上に交配。
減少していた種付け頭数も回復傾向にある。
 やはり“世界チャンピオン”の称号は、だてではない。懐の深さに加えて、距離の融通性もすでに証明済み。
ズバリ、18年新種牡馬リーディングの大本命だろう。


ソース
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180725-00000066-tospoweb-horse

2: 2018/07/26(木) 07:40:35.93 ID:Gc01EDqz0
キンカメに続きハーツもちゃんとした後継出してとりあえず世代継続安泰だな

3: 2018/07/26(木) 07:49:59.95 ID:zCFox5GA0
ジャスタはハーツの弱点が減った改良版だな
見た目幼くて頼りないってあるし伸びしろも期待できる
レースの下手さだけは引き継いでしまってるみたいだが

4: 2018/07/26(木) 07:53:30.65 ID:I90osok80
ジャスタウェイは意外と距離に融通が今日きかない気がするんだけどなぁ

5: 2018/07/26(木) 07:58:40.27 ID:cEURMMKY0
ダメジャー産駒にぶっちぎられとったが

6: 2018/07/26(木) 08:00:27.11 ID:l7ASCtwM0
有馬記念で距離気にしすぎて超下手くそに乗った間抜けな騎手がいたな?w

7: 2018/07/26(木) 08:06:43.14 ID:ZhZY3WUn0
過大評価しすぎ。
G1馬の中ではかなり強い方ではあるが、
こいつが最強議論に出てくるのは、
かなり違和感がある。

8: 2018/07/26(木) 08:16:52.07 ID:A0w3Or9A0
1800の新馬から1200の重賞に対応できたのは驚いたわ
しかも楽々先行してるし

9: 2018/07/26(木) 08:20:17.86 ID:piO3/6vW0
屋根がまともならJC有馬勝ってたからな。この馬のポテンシャルは歴代屈指

















この記事へのコメント