【競馬】シーザリオとブエナビスタの繁殖能力の差(母父スペ)

カテゴリ:未分類 コメント:(0)
bulldog-1047518_640.jpg
1:
なんなのか

引用元: ・https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1591434778/

2:
なんやろな

3:
目いっぱい走った牝馬の子供はだいたい走らない

>>3
これくらいしか思いつかない

4:
現役時代の消耗度はよく言われるよな
競争馬として燃えつきるまで走った馬の繁殖成績はよくない

>>4
都市伝説レベルだなw

>>4
レース走らないで3歳から繁殖した方がええのか?

8:
ブエナ、アパパネ、ウォッカ、ダスカこいつらの繁殖成績がこんなにポンコツになるとは予想出来なかったわ

>>8
アパパネがポンコツとか冗談だろ

>>25
産駒3頭中2頭がオープン馬ってポンコツではないだろ

>>28
だよな
感覚がおかしいとしか言いようがない

9:
ブエナビスタはマイルで明らかに追走に苦しんでたし、ステイヤー色が強い馬だったから繁殖としてはそれがマイナスになってる

11:
競走成績良くて繁殖としても成功してる牝馬なんてシーザリオくらいしかいないだろ

>>11
フサイチパンドラがいる

>>32
アーモンドアイだけやん

13:
エアグルーヴは別格。

15:
エアグルーヴ系はいまなお現代高速馬場に対応しているというのに
ビワハイジ系は完全に終焉だな

16:
シーザリオが凄いのであって
スペシャルウィークで括るのがおかしい

>>16
母父スペは他にもGI馬が出てるだろマヌケ

17:
種牡馬も目一杯走った馬ほど成績よくない傾向がある

なあステイゴールドよ

>>17
あいつ目一杯走ってなかっただろ
目一杯走ってたらあの馬体で50戦も走れない

18:
ジェンティルも繁殖ではダメそうだよな

19:
アメリカ行った時に…

20:
その理論だとシンハライトとかめっちゃ成功しそうだな

21:
馬の能力も影響してるだろ
サンデー全盛の1997~2006辺りが日本競馬の最盛期なわけで
牡馬含め世代№2だったザリオの能力が低レベル時代のブエナウオダスより上だった

22:
混合G1勝つ程の馬が何故かダメ
ウオッカ、ダスカ、ブエナ、ジェンティル
この辺が全てダメなのは結構痛い

24:
繁殖牝馬に関しては自身の競走能力と 繁殖能力は全く関係ない
重要なのはあくまでも血統だけ

26:
GIは2勝までがいいな

この記事へのコメント