【競馬】ウィキペディア「ゴーンウェスト系は系統確立しました」

カテゴリ:未分類 コメント:(0)
競馬 3410 6.jpg
1:
ゴーンウェスト系(ゴーンウェストけい、Gone West)は、馬(おもにサラブレッド)の父系(父方の系図)のひとつである。

ミスタープロスペクター系から派生した系統で、北米で発展した血統で現在はイルーシヴクオリティやスパイツタウンの子孫が主流となっている。欧州でもザフォニックのサイヤーラインが存在する。 日本では高松宮記念を勝利したモズスーパーフレアやフェブラリーSを勝利したインティなど、芝・ダート問わず短距離のG1ホースを輩出している。

逸話
ミスタープロスペクター産駒にはゴールドラッシュにちなんだ名前が多いが、ゴーンウェストも「(金の採掘場がある)西へ」という意味が込められている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%B9%E3%83%88%E7%B3%BB
2021年6月項目作成

引用元: ・https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1635152768/

3:
で?

4:
重賞勝ってもいない馬の項目作って、挙句たいして活躍しなかったらその後放置するのはやめーや

5:
ゴーンウェスト系はキングマンボ系よりも優れた系統である
つまりキングカメハメハでなくルゼルにサンデーやサンデー系の良血をつぎ込むべきだったし
タワーオブロンドンや今現役のインティにロードカナロア並みの良血牝馬を投入すれば
カナロアの2倍は走る産駒がでる

6:
系統って何?
なんか明確な基準でもあんの

7:
なぜ日本のウィキペディアは父系を詳しく書くのか
そもそもどんな基準で父系発生と判断するのか

8:
亀男こわい

この記事へのコメント