【訃報】アサヒライジング死去 放牧中に骨折して安楽死… 牝馬黄金世代の1頭

カテゴリ:未分類 コメント:(0)
競馬 2231 11.jpg
1:
https://news.yahoo.co.jp/articles/d62f648d9b6d3090d2971045b4fab6c97c45958c
07年クイーンS覇者で日米G1・2着3回のアサヒライジング死す 放牧地で右膝上部を骨折

 07年クイーンSを制したアサヒライジングが1月23日に鹿児島・ホーストラストで死んだ。19歳だった。引退馬協会が24日にホームページで発表した。

 同協会によると、放牧地で右膝上部を骨折し、獣医師により安楽死の処置がとられた。

 アサヒライジングは現役時代、美浦・古賀慎明厩舎に所属し、05年9月にデビュー。06年のアメリカンオークスと秋華賞、07年ヴィクトリアマイルとG1で2着に3度入るなど活躍した。08年の府中牝馬S(18着)を最後に現役を引退した。

 同協会は、「レントゲン検査では完全に折れているわけではなかったので、手術で固定してなんとか助けられないかホーストラストのスタッフの方たちも模索してくださいましたが、手術をしても苦痛を長引かせるだけとの獣医師の見解で手術は断念、苦渋の決断をいたしました。ご支援いただいた皆様、懸命に対応していただいたホーストラストの皆様に厚く御礼申し上げます。アサヒライジングの冥福を祈ります」と発表した。


同期の牝馬はカワカミプリンセス、フサイチパンドラ、キストゥヘヴン、アドマイヤキッスなど

引用元: ・https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1643010636/

6:
いやああああああああ

7:
産駒みたら
全部活躍してないけどなんで?

8:
この世代の牝馬戦は面白かったな

10:
騎手に恵まれればG1を
勝てたかもしれない馬

11:
カワプリ世代か

12:
ナイスネイチャのバースデードネーションで受け入れ決まって安心と思ったらこんな事になるとは…

13:
桜花賞、本命にしたなあ

14:
悲しいれなぴょん

17:
パンドラ世代やろ

21:
維持でも善臣にG1を取らせなかった馬

22:
意地

27:
コイウタ世代やな

28:
アメリカンオークス2着の頃はもりあがってた

32:
ヨシトミ先生のせいでG1勝てなかったな

35:
ロイヤルタッチ産だね

36:
楽しかった06世代

41:
何回かG1勝ちかけた馬

43:
4453のせいで勝てなかった悲運の馬

この記事へのコメント