【競馬】愛知杯4着 岩田騎手「展開と乗り方次第で、重賞でもチャンスがあります」

カテゴリ:未分類 コメント:(0)
22114829.jpg
1:
第59回愛知杯・G3(1月15日、中京競馬場・芝2000メートル=良)

 牝馬限定によるハンデ重賞は、武豊騎手が騎乗した7番人気のルビーカサブランカ(牝5歳、栗東・須貝尚介厩舎、父キングカメハメハ)がゴール前の接戦を制した。鞍上の武豊騎手はデビューした1987年から36年連続の重賞Vを達成するとともに、パートナーを重賞初挑戦Vに導いた。勝ち時計2分1秒0。


 際どい頭差の2着に入った3番人気のマリアエレーナ(坂井瑠星騎手)と、金子真人ホールディングスのワンツーフィニッシュ。さらに首差の3着には、後方から迫った6番人気のデゼル(川田将雅騎手)が続いた。1番人気のアンドヴァラナウト(松山弘平騎手)は11着に敗れた。

 岩田望来騎手(ソフトフルート=4着)「ポジションが後ろになってしまいました。内を突く選択肢もありましたが、最後、脚を使ってくれました。展開と乗り方次第で、重賞でもチャンスがあります」

https://news.yahoo.co.jp/articles/4353cfb4c2e299e00fb8675c77a6b452738cfe76

引用元: ・https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1642251452/

13:
重賞勝ったことない奴が重賞勝てるかなんてわからんだろ

14:

次は初重賞制覇だ

19:
次は勝てそうだなw

29:
次があるベテラン騎手みたいなコメントやな

33:
解説者の様なコメント

この記事へのコメント