【競馬】レイルリンク、死亡

カテゴリ:未分類 コメント:(0)
buildings-690364_640.jpg
1: 2022/05/22(日) 20:13:36.79
06年凱旋門賞馬レイルリンクが心臓発作で死す ディープインパクトと対戦

ディープインパクトが参戦した06年の凱旋門賞馬レイルリンク(牡、父ダンシリ)が心臓発作のため、この世を去った。19歳だった。「サラブレッドデイリーニュース」電子版が伝えている。同馬は現役引退後、08年から英国のバンステッドマナースタッドで種牡馬になり、15年からはフランス国内に移動し、20年からはヴァン牧場でけい養されていた。

現役時はジャドモントファーム(故アブドゥラ殿下)が所有し、アンドレ・ファーブル調教師が管理した。3歳シーズンの06年4月にデビュー(競走中止)。2戦目で2着に好走すると、その後、条件戦、G3リス賞、G1パリ大賞、G2ニエル賞、G1凱旋門賞と破竹の5連勝を飾った。通算成績は7戦5勝。

06年の凱旋門賞は8頭立て。日本からは最強馬ディープインパクトと武豊騎手が参戦。ドイツ産馬シロッコ、前年の凱旋門賞馬ハリケーンランなどが出走した。実績上位の古馬勢に対し、4番手の評価だった3歳馬レイルリンクだったが、パスキエ騎手に導かれ、先頭でゴールを駆け抜けている(ディープインパクトは3位入線も失格)。

種牡馬入り後は14年にフランスの2歳G1クリテリウムドサンクルーを勝ったエピキュリス、15年に南半球オーストラリアでG1オーストラリアンカップを勝ったスピルウェイなどを出している。
https://www.nikkansports.com/m/keiba/news/202205220001165_m.html

引用元: ・https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1653218016/

3: 2022/05/22(日) 20:18:26.54
あのディープインパクトを倒した?!

4: 2022/05/22(日) 20:21:28.06
3着(失格)

6: 2022/05/22(日) 20:25:00.88
この馬は普通に強かったのに

8: 2022/05/22(日) 20:35:29.95
あのレイルリアルが・・・

11: 2022/05/22(日) 20:39:19.47
レイルリンクというと矢作先生のエピソードだなぁ。
現地でガッツリ馬券を買って儲けた話、あれは中々痛快だよ。

13: 2022/05/22(日) 20:49:00.52
ディープが最強馬ならこいつはなんなんや?

14: 2022/05/22(日) 20:56:57.22
あんまし子供は走ってない?

この記事へのコメント