武豊「ドバイのドウデュース、最後の直線はコースさえ開けてくれればというぐらいの凄い手応えでした」

カテゴリ:未分類 コメント:(0)
競馬 イラスト9.png
1:
最後の直線は、コースさえ開けてくれればというぐらいの凄い手応えでしたから、本当に悔しい結果です。
http://www.yutaka-take.com/diary_column/

引用元: ・https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1712154135/

2:
海外じゃレジェンドだからって前開けて貰えないもんなw

3:
実力的には一番強かったということかな?

4:
そんなに凄い手応えだったのか

5:
それお前の騎乗ミスじゃん

7:
前開いたら楽勝だったと?

8:
そうか?
全く伸びてなかったが

11:
でも最後は上位と脚色一緒だったよね?

12:
残念ながら、ピッチは明確に落ちてたんよなぁ

13:
下手くそな乗り方だったな

16:
吉原乗ってたら勝ってたかもね

19:
出遅れたらまだ外に馬がいたんよな

22:
ホントに手応えあったのならウォッカの安田記念ばりの追い込みしてただろ

24:
そうか?最後はダノンベルーガに脚色負けてたけど

25:
開けてくれればってw
なんで開けてあげないといけないんだ?

27:
トップジョッキーが集まってるのに
悠長に開けるわけねえだろ
スタート時点で素人でもやばそうこれってわかるわ

28:
前壁

29:
そこまで手応えなかったやん

30:
前壁覚悟でお祈りで突っ込むのって中穴以下がやることやろ

32:
前開けば勝ってたとか無数にいるだろ

この記事へのコメント