【UAE】ローレルリバー、タズらの主戦騎手タイグ・オシェア騎手が4月下旬から日本で短期免許を取得

カテゴリ:未分類 コメント:(0)
ギャンブル 2022 2.png
1:
今年のドバイWCとゴールデンシャヒーンで日本馬の勝利を阻んだタイグ・オシェア騎手が4月の終わりから2カ月、日本で短期免許を取得する予定です
https://twitter.com/gokuumapog/status/1775037800200691720
https://twitter.com/thejimwatkins

引用元: ・https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/keiba/1712039888/

5:
疑惑の馬

10:
いきなりルメールの馬は乗せないだろ

11:
UAEを拠点としているが、名前からわかるとおりアイルランド出身

12:
今シーズンの主な勝鞍
G1 ドバイワールドカップ(ローレルリバー)
G1 ドバイゴールデンシャヒーン(タズ)
G3 ブルジュナハール(ローレルリバー)
G3 ドバウィS(タズ)
L アルバスタキヤ(キラーコレクト)

13:
2011年頃からドバイ拠点でUAEリーディングの常連だけど英愛時代は年30~40勝前後の二線級ではあった

14:
タドグ・オシェイとは誰ですか?

Tadhg O'Shea はアイルランド出身のプロ騎手で、20 年以上の騎乗経験があります。

16:
タドグ・オシェイのキャリアを振り返る

タドグはアラブ首長国連邦のオーナーブリーダー、ハリド・ハリファ・アル・ナブーダの専属騎手であり、その純血種アラビアンはエルンスト・エルテルによって調教されており、ザビール厩舎のシーマーの厩務員でもある。

17:
オシェアは騎手チャンピオンシップで11回優勝し、歴史的人物となることになる。


ローレルリバーという勝利の組み合わせで、土曜日のドバイワールドカップを8馬身差で勝利し、素晴らしい旅を締めくくった。
このレースの29年の歴史の中で最大の差。

18:
土曜日のドバイワールドカップでのオシェアの勝利は、すでに注目に値するキャリアにとって最高の結果となった。
これまでに 779 勝を記録しており、UAE で史上最も成功した騎手として単独で立っています。
今シーズン、彼は12回の記録タイでUAEチャンピオンジョッキー選出者となった。

19:
ドバイのお返しでショボいのしか乗せてくれなさそうだが

20:
メジャーレースに2度出場したオシェアはリモースに乗って2022年に6位、翌年には9位に入った。

21:
最初のハロンの後、オシェイは12名の馬からなる最も広い集団から力強く抜け出し、ローレルリバーを先頭に立たせた。
ホームに向かうと、追走する集団に10馬身差をつけ、最終的には2000万ドルのサウジカップ優勝馬セニョール・ブスカドールと昨年の優勝馬ウシュバ・テソロの両者に8馬身半差をつけてフィニッシュした。

22:
彼の目標は、アブダビとアル・アインで最後の2つの現地会議が行われる今週の木曜と金曜だ。

23:
タドグ・オシェアの妻と子供たち
42歳のタドグ・オシェイはデビーと結婚しており、二人の間にはダラー君(11歳)とアーロン君(8歳)という2人の美しい子供が生まれた。

24:
ヨーロッパの人間だけど春に来日出来るのは
UAEでの評価は高いが欧州では契約とか大きな仕事が無いからだと思う

26:
中央が春にヨーロッパの騎手を呼ぶなら中東のリーディング上位は呼びやすい
あの地域の上位はビュイックを除いてヨーロッパでの評価はそこまで高くない

27:
今の時期欧州、豪州、その他地域から短期免許で日本に呼ぶのは現実的でない
UAEは4月でシーズンが終わるため、白羽の矢が立ったといったところか

この記事へのコメント